ナット・キング・コール

ナット・キング・コールの経歴と代表曲

ナット・キング・コール(Nat King Cole)は、アメリカのジャズシンガー、ピアニスト。歌手ナタリー・コールは娘。
1919年3月17日、アラバマ州モンゴメリー生まれ。本名は、ナサニエル・アダムズ・コールズ(Nathaniel Adams Coles)。

 

1937年頃、オスカー・ムーア(ギター)、ウェズリー・プリンス(ベース)と共にトリオ「キング・コール・スウィングスターズ」を結成。
後に「キング・コール・アンド・ヒズ・スウィング・トリオ」に改名。

 

1939年には「キング・コール・トリオ」に改名。

 

1942年、ウェズリー・プリンスが脱退し、ジョニー・ミラーが加わる。

 

1943年、「Straighten Up and Fly Right」が大ヒット。

 

1946年、再婚した妻マリアの影響で、急速にポップスに志向になり、歌に力を入れるようになる。

 

1948年、ジョニー・ミラーがトリオを脱け、ジャック・コンスタンツォがボンゴで参加。

 

1950年7月9日、バラッド「Mona Lisa」が大ヒット。以後は歌手として活躍。

 

1951年、編曲家ネルソン・リドルとのチームを組み、「Unforgettable」を録音。

 

1953年、フリッツ・ラングの映画『ブルー・ガーディニア』に本人役で出演し、主題歌も歌った。

 

1956年、コールの司会でNBCのTV番組『The Nat King Cole Show』の放送が始まった。1957年末に放映終了。

 

1965年2月15日、サンタモニカの病院で亡くなる。(肺ガン) 

 

代表曲:

 

アンフォゲッタブル Unforgettable

 

モナ・リザ Mona Lisa

 

ルート66 Route

 

スターダスト Stardust

 

トゥー・ヤング Too Young

 

It's Only A Paper Moon

 

Fascination

 

ラヴ L-O-V-E